この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

ライフスタイル
フェリアフェリア

プレイバック2019鹿児島ユナイテッドFC~東京ヴェルディ戦=6月9日、白波スタ

東京Vを3-1で破り、試合後に「勝利の宴へべれけ」を踊る選手とサポーター=2019年6月9日、白波スタジアム

東京Vを3-1で破り、試合後に「勝利の宴へべれけ」を踊る選手とサポーター=2019年6月9日、白波スタジアム

鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)の2019シーズンを、南日本新聞の紙面で振り返る「プレイバック2019鹿児島ユナイテッドFC」。第2回は3連敗で迎えたホーム東京V戦です。Jリーグ創設時からの名門相手に、前半3得点を挙げての快勝劇。5992人の観衆は試合後、選手とともに「勝利の宴へべれけ」ダンスに酔いしれました。記事の途中に、中原秀人選手が「その時」を回想するインタビューがあります。

 

紙面イメージをクリックまたはタップしてください。拡大表示されます。

ホーム柏戦で歓喜の逆転勝ち、さらにアウェー愛媛戦で3-0快勝を飾りながら、横浜FC、アビスパ福岡のホーム2連戦を落とし、勢いに乗り切れない鹿児島U。アウェー山形戦も落として3連敗で迎えた、2019年6月9日のホーム東京V戦。前節で8試合ぶりに先発出場を果たした中原秀主将からの鋭い縦パスが序盤からチームを勢いづけた。久々の出場を果たしチームを活性化させたMF永畑が、試合後のへべれけダンスで喜びを爆発させた。

 【評】鹿児島Uが3得点を奪って快勝し、4試合ぶりに白星を挙げた。前半8分、DF砂森が左サイドからシュートを放ち、GKがはじいたこぼれ球をFW韓が押し込み先制。40分にMF牛之浜が右足を振り抜いて追加点を奪うと、42分に再び韓がDFと競り合いながらゴールを決めた。
 後半7分に1点を返されたが、DF水本や赤尾らが体を張った守備で追加点を許さなかった。東京Vは7本のシュートを放ったが精度を欠いた。

中原秀人選手へのインタビュー🎤

Q:前節で8試合ぶりに先発出場を果たし、この試合でもチームに勢いをつける縦パスが光りました。
A:前節の山形戦はスタメン出場で、いいパフォーマンスを発揮できたので、東京V戦でもその流れのまま自分の良さを出すことを意識して、チームの勝利に貢献できるようにしました。 1点目の得点に繋がったパスのシーンはとても印象に残っています。

Q:試合後の「へべれけダンス」も盛り上がりましたね。
A:久しぶりの勝利だったので、スタジアムの雰囲気も良く嬉しかったです。

後半、ドリブルで駆け上がる鹿児島ユナイテッドFC・中原秀=白波スタジアム

後半、ドリブルで駆け上がる鹿児島ユナイテッドFC・中原秀=白波スタジアム

Q:開幕戦をファンも待ちわびています。練習がなかった期間、どう過ごされてましたか。
A:時間を決めて日々トレーニングを行っていましたし、在宅の時間に読書をしていろいろな本を読むことで知識を増やすこともでき有意義な時間でした。

Q:サポーター、県民の皆さんへ一言、お願いします!
A:J3リーグが開幕した時に、自分たちがいいプレーをしてみんなが笑顔になるように、勝利を届けられるように頑張ります。応援よろしくお願いします。

※取材はクラブを通して、メールのやり取りで行いました。

後半、前線へ駆け上がる鹿児島ユナイテッドFC・韓=白波スタジアム

後半、前線へ駆け上がる鹿児島ユナイテッドFC・韓=白波スタジアム

東京Vサポが楽しんだ鹿児島の風景

東京Vサポーターは約300人。東京サポーター向けにつくられたハッシュタグ「#薫る薩摩みどりの系譜」を伴って、Twitterに投稿されました。6月になって気温があがったせいでしょうか。試合後に「やけ氷」と称して、名物・白熊を食いつくす投稿が目立ちました。

試合前から盛り上がる東京Vサポ

酒本選手が紹介したお店訪問

ラーメンの人気店をジャックw

ユニホームで出歩くのがサポの流儀

さぁ、いよいよ白波スタジアムへ

島美人の振る舞い酒で東京サポもメロメロ?

緑に染まるアウエーバクスタ

東京Vサポの嘆きが…

敗戦は白熊で癒やすスタイル

試合に負けた以外、最高だった鹿児島

東京Vサポーターのまとめ記事はこちらから。

初めてJ2で戦った2019シーズン。もう一度振り返りたい試合は、どの試合ですか?
選んだ理由も添えて、こちらへ投稿ください。

 

この記事のシリーズ Series of this article

プレイバック2019鹿児島ユナイテッドFC

‪南日本新聞は、選手が再びピッチで躍動する「その日」まで、昨シーズンの活躍を紙面で振り返る企画で応援します。あの熱気を、再び!‬

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ