この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

ライフスタイル
フェリアフェリア

PB2019鹿児島U~🎤金監督登場🎤~水戸戦=11月16日、白波スタ

試合前に人文字で鹿児島ユナイテッドFC選手を鼓舞するサポーターら=白波スタジアム

試合前に人文字で鹿児島ユナイテッドFC選手を鼓舞するサポーターら=白波スタジアム

鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)の2019シーズンを、南日本新聞の紙面で振り返る「プレイバック2019鹿児島ユナイテッドFC」の第6弾は、水戸ホーリーホック戦です。試合前にはバックスタンドのサポーターが「SURVIVE」の人文字を披露。チームと観客が一体となったホーム最終戦は、前半44分に奪った先制点を全員で守り切り、見事に勝利しました。プレイバック2019シリーズは今回で最終回。金監督に2020シーズンへの意気込みを語ってもらいます。

こんな試合でした📰当日のユナ面📰

 【評】鹿児島Uは少ない好機をものにし、接戦を制した。前半44分、MF五領の左コーナーキックからのクロスにFW韓が頭で合わせて先制。後半は、相手の猛攻をDF水本や堤らが体を張ってしのいだ。GK大西は好セーブを連発し、無失点に抑えた。水戸は、後半6本のシュートを放ったが決めきれなかった。

373news_191117_vs.mito400

紙面イメージをクリックまたはタップしてください。拡大表示されます。

試合前には「SURVIVE」の人文字

この日は選手入場の際、バックスタンドに陣取ったサポーターが人文字を作って選手を迎え入れました。本来はホーム開幕戦で計画されていましたが、雨の影響で中止になっていました。「SURVIVE」の文字が浮き上がると、驚きとともに、多くのツイートが投稿されました。

さつま島美人さんに感謝!

水戸サポも脱帽のコレオと試合結果

金監督に今季の抱負を聞きました🎤

インタビューに答える金監督(鹿児島ユナイテッドFC提供)

インタビューに答える金監督(鹿児島ユナイテッドFC提供)

Q:ホーム最終戦の水戸戦。SURVIVEの人文字に始まり、1点を全員で守り切りました。監督としても格別な勝利だったのではないでしょうか?

A:ゲーム前から緊張感があり、とても集中していました。水戸はプレーオフ圏内ということもあり、お互い最後まで必死でした。鹿児島は勝つしかないホーム最終戦にすべてを懸けて戦ったと思います。

水戸の攻撃を無失点に抑えた鹿児島ユナイテッドFCのGK大西=白波スタジアム

水戸の攻撃を無失点に抑えた鹿児島ユナイテッドFCのGK大西=白波スタジアム

ごて焼きが一番好き

Q:さて、鹿児島に来て2年目。住んでみての印象とか、好きな場所とか、好物を教えてください。

A:鹿児島は街自体がすごく落ち着いているイメージですね。1年いると会話ができる人が増えて、さまざまな場所で知り合った人と接する機会が多くなりました。好きなところは、どこからでも見える桜島。好物は鳥です。鳥刺しも好きですが、ごて焼きが一番好きです。

自炊は苦にならず

Q:新型コロナの影響で、自宅での過ごし方も変わったのではないでしょうか? ユナイテッド以外で、一番多く時間を割いた趣味などがあれば、教えてください。

A:自炊は普段からしているので苦にはならなかったです。自分の好きな時代のサッカーを見る時間が一番多かったです。2010年のバルサVSレアルで、5-0でバルサが勝った試合とかですね。

総力戦のシーズンに

Q:いよいよJ3開幕が近づいてきました。例年より過密日程になるなど、当初想定していたシーズンの戦い方とはずいぶん違いも出てくるのではないでしょうか?

A:短期間のシーズンとなるので、ゲームにかかわる選手は多くなるでしょう。勢いだけでは乗り越えられない山場が何度か来ると思うので、そこで力を出せるかがポイント。これまで以上に総力戦のシーズンになると思います。

目標はずばりJ3優勝

Q:今季の目標をずばり!

A:J3優勝! どこよりもサッカーを楽しみ、どこよりも最高の応援がある「今までで一番のチーム」を実現し、頂点をつかみ取ります。

責任と覚悟持って戦う

Q:開幕を待ち望んでいたサポーター、県民に一言お願いします!

A:新型コロナウイルス感染により大変な状況の中で、サッカーを通じて元気を与えられるように責任と覚悟を持って戦います。

※取材はクラブを通して行いました。

ホーム最終戦でサポーターらと記念撮影する鹿児島ユナイテッドFCの選手ら=白波スタジアム

ホーム最終戦でサポーターらと記念撮影する鹿児島ユナイテッドFCの選手ら=白波スタジアム

🌋 水戸サポが楽しんだ鹿児島旅 🌋

来場した水戸サポーターは約250人。水戸サポ向けにつくられたハッシュタグ「#GOJ1薩摩で舞う葵龍の誇り」を伴ってTwitterに投稿されました。選手を乗せたバスをサポーターが先導してスタジアムへ向かって応援歌を歌いながら行進する姿は圧巻でした。

待ってろ鹿児島

バスのみで鹿児島入りΣ(゚д゚lll)

まさかの条件付き(阿蘇山噴火w)

阿蘇の次は桜島に驚かされるΣ(゚д゚lll)

さあ鹿児島を喰らえ、飲め!W

試合前夜はアミュ点灯式でした

指宿でイーブイマンホールコンプリート

鹿児島空港で鶏飯 @大空食堂

白熊 @むじゃき

サポの聖地 @ユナカフェ

焼酎のはしごも醍醐味です

試合の日の早朝に開聞岳登山W

桜島🌋は城山展望台から☀

朝ごはんは桜島フェリーうどん

移動には「かごりん」が便利

ここは押さえとかないとね

いよいよスタジアムへ

スタグル de せんべろ

さつま島美人さんに感謝!

サポが選手バスを誘導する

水戸サポーターのまとめ記事はこちらから。

初めてJ2で戦った昨シーズンを振り返る「プレイバック2019鹿児島ユナイテッドFC」シリーズは、今回で終了です。2020シーズン開幕まで、あと2週間。選手やクラブを後押しする応援メッセージをこちらへ投稿ください。

この記事のシリーズ Series of this article

プレイバック2019鹿児島ユナイテッドFC

‪南日本新聞は、選手が再びピッチで躍動する「その日」まで、昨シーズンの活躍を紙面で振り返る企画で応援します。あの熱気を、再び!‬

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ