プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

おもしろ
フェリアフェリア

鹿児島焼酎「さつま島美人」の新聞広告が福島民報に掲載されました!

9月13日付福島民報・さつま島美人広告

9月13日付福島民報に掲載された「さつま島美人」の広告

福島県の地方紙、福島民報朝刊に13日、鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)のオフィシャルトップパートナー(胸スポンサー)である「長島研醸(さつま島美人)」の広告が載りました。同日、会津若松市で開催されるJ3リーグ第15節、福島ユナイテッドFC(福島U)対 鹿児島Uに合わせた掲載です。ちなみに、鹿児島の南日本新聞にも、福島の3社連合広告を掲載。互いの特産品を紹介する形で、両新聞社間で初の交換広告が実現しました。

南日本新聞には福島の企業広告

冒頭の写真が、9月13日付の福島民報に掲載された「さつま島美人」の新聞広告です。「鹿児島を飲み尽くせ」という見出しの元、右ほおに福島Uのエンブレムを貼った女性が写っています。

↓↓↓そして、同じ日の南日本新聞に掲載された広告がこちら↓↓↓

9月13日付南日本新聞社会面に掲載された、福島民報社広告局企画・制作の広告

9月13日付南日本新聞社会面に掲載された、福島民報社広告局企画・制作の広告

「大雨等の自然災害が続き不安な日々をお過ごしかと思います。一日も早い復旧を願っております」との文章と併せて、福島名物の温泉卵や和風スイートポテト、漬け物セットの3品の広告が並んでいます。

コンセプトは「敵を喰らう」

さつま島美人の蔵元である長島研醸は昨年、鹿児島Uのホーム戦のたびに、ホーム&アウェー問わず、来場したサポーターに島美人を無料で提供して話題になりました。そもそも、Jリーグのサポーターには、「敵を喰らう」と称して、試合前に互いの名産や郷土料理を食べる習慣が根強いんです。そこで、Jクラブはスタジアムグルメに趣向を凝らして、相手クラブが本拠とするまちの特産品を食材に使うケースが多いといいます。

2019年シーズンのTwitter投稿から

鹿児島に訪れたアウェーサポは、スタジアム場外で販売される鶏飯や豚あご肉焼きなど、鹿児島の郷土料理を楽しむと同時に、SNSへ、島美人の振る舞い酒を次々と投稿しました。「こんなサービス見たことない。マジでハンパないって」「お土産焼酎も頂いて満足」など、鹿児島観戦の際の「アウェーサポの楽しみ」としてすっかり定着していました。

モンテディオ山形サポ

ヴァンフォーレ甲府サポ

アビスパ福岡

横浜FCサポ

アルビレックス新潟サポ


紙面で「仮想アウェー旅を」

しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、スタジアムでの酒類提供は解禁されておらず、アウェーからの来場もままならぬ状況です。長引く外出控えの影響で飲食店も打撃を受け、鹿児島の焼酎メーカーも苦戦が続いています。

サポーターのアウェー旅が制限されるなか、「地元クラブを応援する地方紙同士、互いの紙面で名産品を紹介し合えないだろうか」。両新聞社で企画が上がり、鹿児島からは島美人の蔵元である長島研醸、福島からは3社が交換広告に名乗りを上げました。

交換広告は鹿児島Uと福島Uが再び戦う12月5日(白波スタジアム)にも両紙に掲載される予定です。

福島の方5人に島美人プレゼント

今回の広告では、Twitterでハッシュタグを付けて投稿した方から抽選で5人に島美人が届くプレゼント企画も。福島ユナイテッドサポの皆さん、ぜひ、投稿して島美人を当ててくださいね!

鹿児島Uユニ胸スポンサーは長島研醸(さつま島美人)

さつま島美人のお取り寄せは山川屋

昨年、鹿児島においでになったJ2クラブサポの皆様。

そして、今年、J3で鹿児島と戦うクラブサポの皆様。

ぜひ、鹿児島を飲み尽くしてください。

そして、再びアウェー旅ができる日がきたら、鹿児島の白波スタジアムで「さつま島美人」をこころゆくまで楽しんでください。

こちらの記事もどうぞ