この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリアフェリア

薩摩錫器はひと味違う!職人技が光る、銀色の渋い光沢が美しい

岩切美巧堂

指先1,000分の1ミリ-匠の技

1655年、現在の鹿児島市下福元町で錫鉱脈が発見された。薩摩藩の保護により、錫の生産は藩の主要な産業に成長。明治以降、錫器は広く庶民の暮らしに溶け込むようになった。

人体に害がなく熱伝導に優れる性質に加え、割れない、さびないと縁起物としても重宝されてきた。
錫山鉱山は1986年閉山。現在は海外から輸入した錫を使っている。

岩切美巧堂(薩摩錫器工芸館)

鹿児島市の錫山鉱山で採掘された錫鉱石

岩切美巧堂は1915年創業。焼酎工場で使われる蛇管(パイプ)に始まり、錫器に移行した。

蛇管は抗菌効果が高く、酒がまろやかになるとされ、今でも使われている。

岩切美巧堂(薩摩錫器工芸館)焼酎蒸留器の蛇管

焼酎蒸留器の蛇管

1997年、県伝統的工芸品に指定。現在は創業者一族を中心に10人ほどの職人が、分業体制で錫細工の技を継ぐ。
融点が232度と低く、軟らかい錫は、溶かしやすく、加工しやすい。

岩切美巧堂(薩摩錫器工芸館)鋳造風景

溶かした錫を鋳型に流し込む鋳造

錫器作りは鍋で溶かした原料を鋳型に流し込んで成型し、ろくろにかけてかんなで表面を削って仕上げる。

岩切美巧堂(薩摩錫器工芸館)整形

鋳物の外側、内側をかんなで削り、形を整えるろくろ加工


驚くのがその精巧さ。例えば、吸い付くようにぴたりと密閉する茶壺のふたを削り出すには「指先の感触で1,000分の1mm単位で調整している」と専務の岩切洋一さん。

「削り出しで6割は形が決まる。切子で言えばカット。習得に20年はかかる」と経験と勘がものを言う。

表面を磨き上げる「白地」、腐食させてざらついた肌にする「梨地」、漆による着色「いぶし加工」など多彩な表現が可能なのも錫の面白さ。
「時代に合った作品づくりをしていきたい」と、新しいデザインも貪欲に取り入れる。

岩切美巧堂(薩摩錫器工芸館)絵付け茶筒

色鮮やかな絵付けを施した茶筒

いぶし銀の渋い光沢、ずっしりとした重厚感、それでいてどこか温かい。職人の確かな技が薩摩錫器の世界を広げる。

「薩摩錫器の魅力を多くの人に伝える場所に」と岩切美巧堂創業100年記念に建設した薩摩錫器工芸館。
作品約500点が並ぶ展示・販売スペースや錫皿の製作体験コーナー(要予約)がある。

岩切美巧堂(薩摩錫器工芸館)

製作体験コーナーなど薩摩錫器の魅力を感じることができる

岩切美巧堂(薩摩錫器工芸館)

 

よかもんのススメ…

キリシマ神話の里公園

岩切美巧堂が製作した錫の器や置物、キーホルダーなどを取り扱っていて、特産品販売コーナーで購入することができる。

キリシマ神話の里公園 特産品販売コーナー

まずは実際に見て、渋い光沢、重厚感をぜひ感じて欲しい。

国道223号沿いの公園で、「道の駅霧島」としても広く親しまれている。

遊覧リフト(往復600円)で頂上まで行けば、霧島錦江湾国立公園を一望できる大パノラマに出合える。

園内ではスーパースライダー(リフト代込み1回600円)やパターゴルフ(500円)、ポッポ列車(片道200円)などで遊べる。
レストランでは黒豚トンカツやしゃぶしゃぶが人気。

キリシマ神話の里公園

  • 霧島市霧島田口2583-22[MAP
  • TEL:0995-57-1711
  • 営/通常=9:00~17:15(4~10月)、~17:00(11~3月)
    新型コロナウイルス対策のため、2020年10月は公園施設=10:00~17:00、レストラン=11:00~L.O.15:00で営業
  • 休/なし
  • HP/キリシマ神話の里公園

 

この記事のシリーズ Series of this article

鹿児島よかもん紀行

鹿児島ならではの良いモノ=『よかもん』の数々を、フェリアが取材しました。「よかもん」を作っている、売っている場所近くのスポット情報もあり!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ