システムメンテナンスのお知らせ
  • 12月8日(日)21:00~24:00の間、システムメンテナンスを実施します。作業中はサービスをご利用いただけない場合がございます。ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いします。

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

くらし・住まい
フェリアフェリア

別居中の夫に対して生活費の請求は? | 弁護士の法律Q&A

Q

現在夫と別居中で子供と2人暮らしですが、夫は生活費を渡してくれません。一緒に住んでいない夫に生活費の支払いを請求できますか。

A

夫に対しては、婚姻費用の支払いを求めることができます。

夫婦は、法律上互いに協力して扶助する義務があり、生活費などの婚姻生活を維持するために必要な費用(婚姻費用)は、相互に分担することになります。一般的な家庭であれば夫が妻より収入が多いため、通常は夫から妻へ金銭を支払う形で婚姻費用を分担します。たとえ夫婦が別居中であっても婚姻費用の分担義務はあり、別居中の妻の生活費が不足している場合には、夫に対して婚姻費用の支払いを請求できます。

具体的な婚姻費用の内容は、衣食住の費用、医療費、娯楽費、交際費、子の養育費など日常生活を営むための費用とされ、基本的には夫(又は妻)と同程度の生活水準を保持する程度の金額となります。ただし、別居後の生活費すべてを請求できるわけではありません。

婚姻費用の分担額を決定するにあたっては、実務上、「婚姻費用算定表」という表が使われています。この表はインターネット上でも公開されており、夫と妻のそれぞれの年収を当てはめると、婚姻費用の目安がわかるようになっています。あくまで参考資料ですが、事実上の判断基準として機能しています。

別居中の夫が生活費を渡さないのであれば、まずは婚姻費用の支払いを求めて協議をし、算定表を参考にして具体的な金額を決めることになります。協議がまとまらない場合には、家庭裁判所への調停申立てもできますし、最終的には家庭裁判所が審判により金額を決めてくれます。

生活費イメージ

法律Q&A

教えてくれた人

弁護士法人あさひ法律事務所 鹿児島事務所 牧瀬 祥一郎 先生

牧瀬法律事務所
弁護士:牧瀬 祥一郎さん

2017年4月より牧瀬法律事務所に名称変更致しました。過去の事例や費用についてご覧いただけます。
 牧瀬法律事務所 鹿児島     で検索

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

弁護士・牧瀬に学ぶ 法律Q&A

暮らしの中での様々な悩み事・・。「これって法律上はどうなの?」といった悩み事を、Q&Aの形で、弁護士の先生が分かりやすくお答えします。
これまでのシリーズ【私を守る 法律のはなし】はこちらからどうぞ!

記事一覧を見る