この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

おもしろ
フェリアフェリア

コーヒーフィルターを使い分けると― | 珈琲のおいしい話

フィルターの違いでコーヒーの味わいも変わる

フィルターのいろいろ

例えばペーパードリップとコーヒープレス。「紙」と「金属」のフィルターの違いによって、同じコーヒーを抽出しても味わいが変わってきます。

ペーパーフィルターを使って抽出したドリップコーヒーは、日本ではおなじみ。見た目がクリアで味わいはスッキリとした印象になります。それに対して日本ではまだなじみの薄いのがコーヒープレスです。簡単に言えばコーヒーの「急須」です。

上から少量ずつドリップして抽出するドリップコーヒーに対して、コーヒープレスは最初からコーヒーにお湯を入れて浸水して抽出します。金属フィルターを使うのも特徴です。

コーヒープレスでより味わい深く…

コーヒーには「オイル分=アロマ」がありますが、金属フィルターを使うとこのオイル分も通り抜けてカップに入るので、コーヒーがより味わい深くなるといえます。見た目に濁りがあり、カップの底に少し粉も残りますが、厚みのある舌触りとコクを感じるコーヒーになります。

朝はスッキリしたペーパードリップで、午後のコーヒータイムはケーキと一緒にコーヒープレスで…。そのときの気分によってフィルターを使い分けるのも、コーヒーを楽しむコツかもしれません。

珈琲のおいしい話ロゴ

教えてくれた人

VOILAコーヒー

日本一元気な旨い珈琲豆専門店
ヴォアラ珈琲

鹿児島県内に4店舗展開中

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

珈琲のおいしい話

このシリーズは鹿児島県内に4店舗を構えるヴォアラ珈琲さんが、コーヒーをこよなく愛する方々に、「読んでおいしいコーヒーのお話」をお届けします。

記事一覧を見る