プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ

『自分で採ってそれを食べる!』自然との繋がりを体験… | 島暮らし主婦の島コラム

離島の中の離島・口永良部島②

新緑がまぶしい季節になりました。
島では、そろそろ実りだす野いちごを確認したり、気の早いタケノコを見つけたり・・、と春の恵みを待ちわびてウキウキと心躍る季節。

おいしい春 その1~ホウロクイチゴ

野いちごと言っても色々な種類があり、リュウキュウバライチゴ、ハチジョウイチゴ、ホウロクイチゴと様々。

リュウキュウバライチゴ、ハチジョウイチゴは実るのが早く、そろそろ採れる時期。ホウロクイチゴは、やっと花が落ちた所でこれから実が大きくなってくるところです。

量がとれるのはホウロクイチゴで、我が家ではホウロクイチゴがたわわに実るゴールデンウィーク明けになると、家族総出でイチゴ摘みに出かけます。畑ではないですよ。道沿いにイチゴがいっぱいなるんです。

ホウロクイチゴ

ホウロクイチゴ

ホウロクイチゴの木や葉には刺があるので、イチゴ摘みに行く時は長袖長ズボンが必須。

それでも、子ども達は気づくと木の茂みの中へ中へと手をのばして、夢中になって採るので手はかすり傷だらけ…

夢中になってイチゴを摘む子ども達

夢中になってイチゴを摘む子ども達

採ったイチゴは、コンポートにしてアイスクリームやヨーグルトにかけて食べたり、ジャムを作ったりして楽しみます。

ホウロクイチゴのジャムを塗ったパン。ホントおいしいんです

ホウロクイチゴのジャムを塗ったパン。ホントおいしいんです

 

おいしい春 その2~大名竹のタケノコ

大名竹のタケノコ

大名竹のタケノコ

そして、なんと言ってもおいしいのが大名竹(だいみょうちく)のタケノコ!

口永良部島は竹やぶが多く、梅雨時期ともなると、雨が降るたびにこのタケノコがそこかしこと『ニョキニョキ』と出てきます。

何に使ってもおいしいタケノコですが、
天ぷらで食べるのが一番!!

灰汁が全くないので、生のまま天ぷらにして大丈夫。簡単な上においしいだなんて、最高の食材です。

大名竹のタケノコの天ぷら

大名竹のタケノコの天ぷら


おいしい春を堪能しに、口永良部島に遊びにいらしてみてはいかがですか?

『自分で採ってそれを食べる!』
それは実にシンプルで、そしてとても楽しい事!

人として生きていく上で、とても大事な自然との繋がりを感じさせてくれる貴重な体験だと思います。

口永良部島に遊び来てね!

 

口永良部島までのアクセスなどについては、口永良部島ガイド協会HPでご確認下さい。

こちらの記事もどうぞ