フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

プレゼント・クーポンPRESENTS

フェリアSNSSOCIAL

ファッション・美容
フェリアフェリア

橋のポーズ/生理痛時の子宮の収縮を和らげる | グラヴィティヨガ

橋のポーズ

自重(グラヴィティ)を利用し、年齢を問わず初心者や体が硬い人でもストレスなく体のメンテナンスを行える「グラヴィティヨガ」。今回は、背骨を柔軟にする、生理痛時の子宮の収縮を和らげる、腰・お尻・足の筋肉の強化、足の疲れをとる、首回りの緊張をとる「橋のポーズ」を紹介します。

「橋のポーズ」

  1. ボルスターの上に座り、両膝は立てておく。
    (写真①)
    写真①

    写真①

  2. ゆっくりと手をついてあおむけになる。急激に倒れないよう、ゆっくりと腹筋を使いながら行う。
    (写真②)
    写真②

    写真②

  3. 両肩と後頭部が床に着くように体を調整し、顎を引き、尾てい骨から頭までが真っすぐになるように調整して体を安定させる。
  4. 膝の下にかかとがくるように調整して足先は正面、腕は体の横に置き手の平は床に向ける。
    (写真③)
    写真③

    写真③

  5. .ゆっくりとお尻から持ち上げて、くるぶしの内側でボルスターを挟み、手の平は床を押す。
    (写真④)
    写真④

    写真④

  6. 足裏でしっかりと床をとらえ、5秒ほどキープする。
  7. ポーズを解くときは、ゆっくりと腰を戻して呼吸を入れ、片側へ体を落として呼吸を入れ、手をついて横からゆっくりと起き上がる。
応用編

④の状態で、片足を天井に向かって上に上げる。支えている足の裏でしっかりと床を押すように意識する。

グラヴィティヨガ_タイトルlogo

教えてくれた人

田口綾香さん

田口綾香さん

加圧トレーニングREVO

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

グラヴィティヨガで目指せバランスボディ!

自重(グラヴィティ)を利用して身体的・精神的ストレスを緩め、体のメンテナンスを行います。

記事一覧を見る