大切なお願い

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

ファッション・美容
フェリアフェリア

片脚を伸ばした眠る鳩のポーズ/骨盤を調整 | グラヴィティヨガ

片脚を伸ばした、眠る鳩のポーズ

自重(グラヴィティ)を利用し、年齢を問わず初心者や体が硬い人でもストレスなく体のメンテナンスを行える「グラヴィティヨガ」。今回は、足のむくみ・疲れをとる、筋肉硬化による腰痛の緩和、骨盤を調整する「片脚を伸ばした眠る鳩(はと)のポーズ」を紹介します。

「片脚を伸ばした眠る鳩のポーズ」

  1. ボルスターの傾斜側を手前にして正座で準備する。
    (写真①)
    写真①

    写真①

  2. 右足(膝)を前へ出し(写真②)、左脚は後ろへ引いてつま先まで真っ直ぐに伸ばす。 ※ボルスターを引き寄せ足首の上に置くよう調整する。
    写真②

    写真②

  3. 上体が正面を向くよう、左の骨盤を前に持ってくるようにしながら調整し、両手をついて息を吸って背筋を伸ばす。
    (写真③)
    写真③

    写真③

  4. 息を吐きながら、おなか、胸、頬の順番でボルスターに少しずつ体を預けていく。
    (写真④・⑤)
    できれば顔は左に向けて右の頬をつく。※腕は肘を開くなど肩の力が抜ける位置を探す。
    写真④

    写真④

    写真⑤

    写真⑤

  5. ポーズを解くときは、顎先をボルスターに戻し、手をついてゆっくりと起き上がる。右のお尻を床へつき、ボルスターを前にずらして後ろの足を戻す。
Point

※お尻が硬い人や膝が辛い人は、お尻・腿の下をタオルやクッションでサポートする。
(写真⑥)

写真⑥

写真⑥

グラヴィティヨガ_タイトルlogo

教えてくれた人

田口綾香さん

田口綾香さん

加圧トレーニングREVO

この記事のシリーズ Series of this article

グラヴィティヨガで目指せバランスボディ!

自重(グラヴィティ)を利用して身体的・精神的ストレスを緩め、体のメンテナンスを行います。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ