この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

くらし・住まい
フェリアフェリア

父の遺言に納得いかない。どんな対応が可能? | 弁護士の法律Q&A

Q

父が残した遺言書に、私の姉に全ての遺産を渡すと書いてありました。いくら父の考えとはいえ納得できません。どのように対応することができますか。

A

遺産のうち一定の割合分については、遺留分減殺請求をすることで取り戻すことが可能です。

相続開始の際に遺言書が残されていた場合、遺産はその記載通りに承継されることになります。遺言書で誰にどのような財産を渡すかは、基本的には遺言する人(遺言者)の自由です。自分の財産なのだから、死後に自由に処分できるのは当たり前ですね。
しかし、遺言者の配偶者や子(子がいない場合には親などの直系尊属)には、遺言者の意思によっても奪えない相続分が認められています。これを遺留分といいます。具体的な割合としては、直系尊属だけが相続人の場合には遺産の3分の1、それ以外の場合には2分の1が遺留分となります。
あなたの場合、既に母親が死亡し、兄弟は姉だけであるとすると、子2人だけが法定相続人となるので、父の遺産の2分の1が遺留分となります。遺留分はさらに法定相続人で案分して計算するので、あなたの主張できる遺留分は、その半分である4分の1です。
したがって、あなたは姉に対して遺留分減殺請求をすることで、遺産の4分の1を取り戻すことができます。なお、父が生前に姉に対して行った贈与も、遺留分減殺請求の対象になる場合があります。
遺留分減殺請求をすることができるのは、原則として遺言者が亡くなって1年間ですから、期間内に行使したことを明確にするため、内容証明郵便などで請求を行うのが望ましいでしょう。

遺言はしっかり考えて

法律Q&A

教えてくれた人

弁護士法人あさひ法律事務所 鹿児島事務所 牧瀬 祥一郎 先生

牧瀬法律事務所
弁護士:牧瀬 祥一郎さん

2017年4月より牧瀬法律事務所に名称変更致しました。過去の事例や費用についてご覧いただけます。
 牧瀬法律事務所 鹿児島     で検索

この記事のシリーズ Series of this article

弁護士・牧瀬に学ぶ 法律Q&A

暮らしの中での様々な悩み事・・。「これって法律上はどうなの?」といった悩み事を、Q&Aの形で、弁護士の先生が分かりやすくお答えします。
これまでのシリーズ【私を守る 法律のはなし】はこちらからどうぞ!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ