フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

グルメ・レシピ
フェリアフェリア

ふくろうのパン | 厳選素材のうま味が凝縮、窯焼きパン(南九州市川辺)

なびか農園 ふくろうのパン

おいしさを追求し、パン焼きに使うレンガの窯も手造り…

鳥のさえずり、風の音、季節を表す木々の色。自然の営みが五感に響く山里に、パンを焼く煙が上がる。

種子島出身の並河(なびか)真知子さんはこの地が気に入り移住。数年かけて、住まいや工房を自分たちの手で造った。パン焼きに使うレンガの窯も手造り。“もっとおいしいもの”を追求し、窯焼きに至ったという。

窯焼きは手間暇かかる重労働だが…

前夜から薪(まき)をたき続け、“おき火”の落ちついた翌朝11時ごろからパン焼きが始まる。2日がかりで焼くのは人気の食パン(450円)やブドウパン(ハーフ280円)、ハード系やりんごパンなど十数種と焼き菓子。

薪はオーブンと違い、温度調節ができない。それを見極め、窯の温度の下がり具合で焼く順番を決めるという。全てが経験値と勘。手間暇もかかるが、薪で焼いたパンは表面がカリッと、中はもちもちで風味も豊か。「パンってこんなにおいしいのか」としみじみ思う味わいだ。

天然酵母、国産小麦、無農薬全粒粉、オーガニックのライ麦など、納得のいく材料で余計なものを加えず丹念に作るパンは、健康志向の県外客からの発注もあるという。「焼きたての食パンはうす切りで。硬くなったら蒸してみて」。おいしい食べ方も提案してくれる。

窯でのパン焼きは薪割りも含めかなり重労働。焼くのは火曜と木曜の週2回。川辺やすらぎの郷、鹿児島市の地球畑などでも販売

窯でのパン焼きは薪割りも含めかなり重労働。焼くのは火曜と木曜の週2回。川辺やすらぎの郷、鹿児島市の地球畑などでも販売

set-街のパン屋さん2

なびか農園 ふくろうのパン

  • 南九州市川辺町神殿4543-4[MAP
  • TEL:0993-56-6556
  • 営/火曜・金曜の11:00~ 製造量によっては水曜・土曜も営業
  • P/あり

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

街のパン屋さん

街角にはたくさんの種類のおいしそうなパンが並んだパン屋さんがあります。「もっといろんなパン屋さんを知りたい」というパン好きの皆さんの声にお応えして、県内各地のパン屋さんを紹介している「フェリア」の人気コンテンツ『街のパン屋さん』。

記事一覧を見る