フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

フェリアSNSSOCIAL

おもしろ
フェリアフェリア

竹と人が好きです。

[Product title] 「火の山」

「火の山」

協力 齊藤朋久(構造原案・制作)

From the Artist

竹と人が好きです。竹には神秘的な特性と民主主義的な自由があります。自然から一人で入手でき、思うかたちに造形できます。竹は文化の担い手です。竹を眺めていると東南アジアと南九州が悠久の歴史の中で、同じ文化を共有していたことがうかがい知れます。竹の神聖性に惹(ひ)かれます。特に箕(み)の使われ方、かたちに心踊ります。竹とともに生きる人を尊敬します。桜島では火の象徴たる四面体がフォボナッチ数列的に成長する様を竹で表現しました。

また、私の知る中でもっとも桜島に真摯(しんし)に向き合う、画家の野添宗男氏の半生を綴った聞き書き本を展示しています。聞き書きは、まるでデートをするようだと感じます。人を好きになる、最良の方法です。

Artist profile

竹文化研究家(愛竹家)、ライター、デザイナー
橋口 博幸(はしぐち ひろゆき)さん

402art_アーティスト画像/再

1982年鹿児島市生まれ。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。2007年に東南アジアから日本まで連なる竹の文化を対象とした研究・制作を開始。14年、拠点を鹿児島に移す。15年にジェフリー・S・アイリッシュとの共著『ライフ・トーク―学生たちと歩いて聞いた坂之上の35名―』(南方新社)を刊行。

エキスポ・レインボーin桜島(2月14日まで、国民宿舎レインボー桜島)で「火の山」、屋内作品「野添宗男 聞き書き」(写真)を展示中
402art_左book画像/再

set-ArtGallery2

募集!
「Felia!」は、鹿児島のアーティストを応援しています。あなたも「アートギャラリー」で作品を発表してみませんか。

★応募規定
鹿児島県に縁のある人が対象。自薦・他薦、ジャンルは問いませんが、近作(賞受賞作品を除く)に限ります。住所、名前(ふりがな)、生年月日、電話番号を書いた用紙に作品の全体が分かる写真かデータ(返送不可)を添えて、郵送かメールでご応募ください。応募者全員の作品が掲載されるとは限りません。掲載決定者には前もって連絡します。

送り先は〒890-8603 南日本新聞社フェリア室「アートギャラリー」係。
メールは「felia@373news.com」まで。
問い合わせはフェリア編集室=099-813-5069。

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

Art Gallery

「Felia!」は、鹿児島のアーティストを応援しています。あなたも「アートギャラリー」で作品を発表してみませんか。

記事一覧を見る