フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENTS

おもしろ
フェリアフェリア

居酒屋 吉次郎 | ライター鯱の酒場放浪記(鹿児島市東千石)

居酒屋 吉次郎

今宵は『居酒屋 吉次郎』にて

なんだか懐かしい自然素材の料理…

出張の帰り、天文館で空港バスを降り、ぴらも~るに足を向けた。

アーケード西端のビル2階。窓に「営業中」のちょうちんがともる。

「営業中」のちょうちんが・・

「営業中」のちょうちんが・・

居酒屋 吉次郎の入り口

居酒屋 吉次郎の入り口

7席あるカウンターに座ってビールを注文。メニューがある黒板を見上げると「ビールに合うよ」と、店主の久木原哲徳さんがお通しを出してくれた。鹿児島で“くさんな”と呼ばれるクサギ菜と、厚揚げ、豚バラを炊いたもの。“くさんな”独特の苦みに、幼少時代の山菜狩りの思い出がよみがえる。ほかにタバメ刺身(600円)、イスズミ一夜干し(500円)など南さつま市・笠沙沖で獲れた旬の魚も。

気がつけばカウンターも、15席あるテーブルも満席。1杯だけのつもりが、隣に座った女性客と会話が弾みビールが進む。やがてテーブルの客がギターを弾いて歌い出し、盛り上がりは最高潮に。豚肉、シメジのだしがきいた八重山そば(700円)で締め、帰途についた。

居酒屋 吉次郎のコーヒー豆と料理

 

酒場放浪記シリーズ

今宵はここでひとり酒。

居酒屋 吉次郎

  • 鹿児島市東千石町8-29 南国タクシービル2F[MAP
  • TEL:099-223-6272
  • 営/18:00~24:00
  • 休/火曜
酒場DATA
  • ビール:生ビール/550円
  • 焼酎:前割り2合/500円
  • 飲み放題コース:なし
  • 飲み放題のみ:なし
  • ビールも飲み放題:なし
  • 女ひとり酒レベル 茶帯 
  • お手洗い:洋式

※女ひとり酒レベルは、ライター鯱の主観です。
 白帯 :女ひとり酒の客多し
 紫帯 :ドアを開けば笑顔で歓迎
 茶帯 :1回行けば、あら平気♪
 黒帯 :女は度胸! 心が強いのか鈍感なのか

こちらの記事もどうぞ

この記事のシリーズ Series of this article

ライター鯱の酒場放浪記

つれづれなるままに今宵はここでひとり酒。
おもしろい人やおいしい食べ物に出会える酒場が好き。ふらり飲み歩いてたどり着いた店を、気の向くままに紹介します。

記事一覧を見る