フェリア倶楽部コンテンツFELIA! CLUB

プレゼント・クーポンPRESENTS

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ

タージマハルは美しいが…強烈なるインド編:お気楽主婦の世界一周

『インド』といえば、カレーじゃなくて、タージマハル

そうそう、13カ国目
インドよ、強烈な思い出をありがとう!

前回はニューデリー、

そして“洗礼”をうけたリシケシ。
そこからデリーに移動して、さらにそっから乗り換えてバラナシに向かいました。

インドの列車でも“洗礼”が待ち受けていた・・(+_+)

列車に30分前に乗り込んだら、蒸し風呂すぎてお千さんハゲちゃった。笑

乗ってすぐ、私の太ももの上をゴキちゃんが通過。
「ぬぁぁっぁあっぁ!!!!」
もういや(>_< )。

席を間違ってる大男が寝てたり、またまた強烈なオナラがあったり・・・・
最悪。前回の夜行列車よりも汚い。泣
出だしからぐったりの夜行列車。

インド強烈。

てなわけで、、、写真なし(T_T)

バラナシで怪しげなインド人にキレる!!

そんなこんなでバラナシ着いてピックアップの人探す。いろんな人が声をかけてくる。面倒くさい・・・

1時間待ってもピックアップが来ない。こんな時に限って2人とも携帯の充電が切れてる。

近くに5ルピーで電話を貸してくれる人がいて、そこからツアー会社に電話。
全然来ないんですけど!!! 

イライラしてたら、周りに人だかりで
「もうピックアップどうせ来ないからうちのに乗りなよー」って・・

「うるさい!!!!!」 キレる。笑

そしてやっと来た。
まさかの、一番最初にしつこく声かけて来た人。2人で『絶対この人怪しい』って言ってた人。笑

うそでしょ。

向こうもちょっと怒ってる。
「声かけたじゃないか!」って。

だって見た目怪しかったんだもん
って言ったら、、インド人大爆笑。

そんな感じでバラナシスタート。

タオルかぶってるとみんな怪しく見える・・・(笑)

タオルかぶってるとみんな怪しく見える・・・(笑)

でもでもでも、、、
久しぶりの日本食にホッとしました。

あぁぁ懐かしの味(涙)

あぁぁ懐かしの味(涙)

  ☀  ☀  ☀  ☀  ☀  

翌日、全く時間に間に合わなかった朝日を見に行きました。

太陽、すでに顔を出してた・・・

太陽、すでに顔を出してた・・・

バラナシで見る、ガンガー(ガンジス川)から昇る朝日を楽しみにしてました。前の晩、ホテルまで送ってくれたオートリキシャの少年に朝のピックアップをお願いしたの。。。

約束の時間では全然間に合わなかった。
嘘つきーーーー!!! 朝からブチ切れ

いや、わかってるんです。イラっとするほうが間違えてるって。
でもね、イライラする。

ま、ここでバラナシの繁華街の写真でも・・

インド・バラナシの繁華街
インド・バラナシの繁華街
インド・バラナシの繁華街

 

沐浴をする姿やお祈りの儀式を見て宗教とはとてもパワーのあるものだなと感じた。そして、その横にある火葬場も。

火葬場

火葬場

お祈りの儀式に集まる人々

お祈りの儀式に集まる人々

何かすごくリアルで綺麗な感じもする不思議な場所でした。

カジュラホの寺院群で「愛の彫刻」たちと出逢う・・

バラナシから列車で13時間、バス6時間を経てカジュラホに移動しました。ホントに過酷な移動でした。。。

飛び乗ったバスがまさかのローカルバス。よくテレビとかで見る、いや、何人乗ってますの?! のやつです。

40度を超える車内。

あまりの密着具合に笑えてくる。

脚を組む余裕なし!

脚を組む余裕なし!

カラダ、重なってます♥

カラダ、重なってます

写真は撮ってないけど、右側の人なんてちょっとMaicoに乗ってるからね。笑
インド人も窓の外に吐いちゃうくらい激しいバス・・・・

  ☀  ☀  ☀  ☀  ☀  

19時間かけてやっとこさたどり着いた世界遺産・カジュラホ寺院群を見た時間は…
1時間。笑

カジュラホ・・・妖艶な遺跡たち。エロティックな性愛の遺跡

壁面いっぱいに愛の彫刻が…

壁面いっぱいに愛の彫刻が…

カジュラホの寺院群

カジュラホの寺院群

すっごくキレイだった。終始お腹が痛かったけどすごく、キレイだった。笑

お千さんも神妙なおももち

お千さんも神妙なおももち

現存しているのは25ヶ所

現存しているのは25ヶ所

ザ・インド『タージマハル』に行く前、ぶち切れちゃった…

翌日、タクシーのおっちゃんといろいろと交渉して、『ムーンライトのタージマハル』が見られるって事でお願いしました。日本語が少し喋れるおばちゃん付きで。
(フルムーンから5日間だけ、夜のタージマハルが見れるんです。)

最初にアーグラ城へ。

アーグラ城

アーグラ城

アーグラ城
アーグラ城中

 

赤砂岩で築かれた城壁の色から「赤い城」とも呼ばれます。

ムーンライトのチケットオフィスがまだ開かないからって、宝石店やシルクのお店をたらい回し。海外のツアーでよくあるやつです。

その後、2~3時間してオフィスに行ったら、オフィスの前で『前の日にチケットを取らないと見れないよ・・・』とか言い出すイカサマインド人。

ハイ、ぶち切れ。

今回特に、お千さんぶち切れ。海外ドラマとかで怒った人がやってる手の動きしてた。

「YOU LIAR!!!!!! ふんっっ」(このウソつきヤローめ!)
って言いながら。(笑? コワっ!)

インド、この時点でキライになってました。2人とも。またムダ金が飛んだ。一生懸命節約してるのに。
バカヤローーーー!!!!


気を取り直して・・・自分たちでサンセットのタージマハルを見に行きました。

ザ・インド タージマハルの正門

ザ・インド タージマハルの正門

タージマハルポーズbyお千さん

タージマハルポーズbyお千さん

 

ムーンライトのタージマハルとっても楽しみにしてたの。

給食当番足バージョンを付けて中へ。

この白い靴カバーね

この白い靴カバーね

皇帝が愛妃に作ったお墓、タージマハル。

やわらかな美しさにうっとり・・・

やわらかな美しさにうっとり・・・

とても女性らしく美しい。サンセットまでゆっくり見てたら怒涛のピクチャープリーズ。『ガイジン』が珍しいのか? アイドル気分を味わいました。笑

赤ちゃんから

赤ちゃんから

子どもから

子どもから

おっさんまで(笑)

おっさんまで(笑)

インド最後の地 ジャイプールでは『BE POSITIVE』!!

翌日、列車でジャイプールへ移動。ついにインド最後の地です。

インド最終日、少しインドを好きになりました。浮かれたオートリキシャの2人のおかげで。。。

浮かれた背中(笑)

浮かれた背中(笑)

電車を降りてすぐ、声をかけてきた2人。
ゼッタイ怪しい』と思って、お決まりの睨みを効かせといた。笑

んで、お決まりのピックアップ来ないもんだから電話したらその2人に連れてってもらってくれって。笑
なんでやねん。笑

散々「インド人はキライだのウソつきだの2度と来ないなど言いまくってたのに、安くで行ってくれるっていうから、、、
「うーーん、じゃー?」
ってお願いしたのが始まり。笑

ふむふむ、、かわいいお宿。

映画にでてきそう

映画にでてきそう

次の日も安くで観光してくれるっていうからお願いしたの。
めっちゃいろいろ連れて行ってくれた。

ジャイプール、別名:ピンクシティ

由来は旧市街が全部ピンクで統一されているから。プリンセスがピンク好きだからキングがピンクにしたんだって。ピンクというよりオレンジシティ。

城壁が約10km続くのです~

城壁が約10km続くのです~

あちこちが、オレンジ(ピンク)

あちこちが、オレンジ(ピンク)

インドで一番新しい天文学の世界遺産

「ジャンタル・マンタル」

「ジャンタル・マンタル」

これは子午線通過時間を計測するものらしい

これは子午線通過時間を計測するものらしい

他もいろいろ、ジャイプール・・・

風の宮殿

風の宮殿

140mの展望台からの眺め

140mの展望台からの眺め

アンベール城

アンベール城

実は5階建てなのです、ジェルマハル

実は5階建てなのです、ジェルマハル

ジャイプールのどこか・・・
ジャイプールのどこか・・・

ぜーんぶ回って300円。
おまけに爆音で音楽をかけてテンション上げてくれる。爆笑

 

街の給水所。。。

中に誰か入っててヤカンで水を出してくれる。笑

人間水道?笑

人間水道?笑

ここまでいろいろとありすぎて、完全に『インド人シャットアウト』のMaico。
おまけに目が細い為、怒ると目つきが悪い。

夜ご飯を一緒に食べに行った時、オートリキシャのぐっさん似インド人に肩を掴まれながらの説教。

  • おまえは何故笑わない?
  • もっと心を開け
  • 今までのインドの旅がうまくいかなかったのは自分のせいだ
  • おまえはチャクラが5つぶっ壊れてる

と。散々。

人生はハクナマタタだと。

これはとっても心に刺さった。
スワヒリ語で「どうにかなるさ。何事も自分次第だ」 って。たしかに。

ピックアップお願いしたのも自分だし、タージマハルの予約も自分たちでしなかった。人のせいにしてた。いろんなイライラの原因を。
何事も経験でいい勉強になった。物事は考え方次第で180度変わる。

そんな彼らのオートリキシャには
『BE POSITIVE』の文字が…

『BE POSITIVE』

残りの旅、ちょっと心開き気味で行きます。笑

 

インド最終日、バラナシに戻って相変わらずピックアップが来ない。電話も出ない。
自分たちで歩いてホテルを探した。

次の日、折り返しの電話がきてて、電話したら。
「昨日はゴメン、、、ワイルドスピードが面白くて。。」って。そういう国です。笑

空港まで送ってくれるってことだったんだけど、それまでに歯医者のホワイトニングとか付き合わされる。笑

おまけに駐車禁止のとこに車停めたりとかでインドでマニュアル車を運転することになったり。

インドばかやろーーー!!! 笑
濃すぎる思い出をありがとう。

そして大好きすぎる国・タイランドへ続く…

前の旅
次の旅
インド・ニューデリー編 タイ・バンコク編

 

こちらの記事もどうぞ