大切なお願い

この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

グルメ・レシピ
てぃーたいむてぃーたいむ

絶品餃子を食べる。個性豊かな鹿児島方面4店の看板メニューを調査

絶品ギョーザ

中華料理 萬龍の「焼きぎょうざ」

ギョーザで残暑もへっちゃら!!

餃子は、焼き、揚げ、スープなどいろいろな食べ方が楽しめ、看板メニューにしている中華料理店や専門店も。

個性豊かな餃子を紹介します。

 

味処 まるしょう

味処 まるしょう「焼ぎょうざ定食」「手羽ぎょうざ」

中央が「焼ぎょうざ定食」。右奥の「手羽ぎょうざ」(2本・395円)は単品でも食べられる

老舗精肉店直営で豚肉たっぷり

地元の老舗精肉店「お肉のまるしょう」が13年前に開業しました。

味処 まるしょう

ギョーザのほか「からあげ」「生姜焼き」など定食類が充実している

豚肉がたっぷり入ってジューシーな「焼ぎょうざ」「揚ぎょうざ」の定食(各630円)は、ご飯、スープ、小鉢が付いて、ランチタイムは540円とお得。

若鶏の手羽先3本にギョーザのあんを詰めて揚げた「手羽ぎょうざ定食」(770円)もあります。

味処 まるしょう

  • 薩摩川内市原田町17-24[MAP
  • TEL:0996-20-5670
  • 営/11:00~14:00、17:30~21:30
  • P/約20台
  • 休/水曜

 

☀  ☀  ☀

天手古舞
てんてこまい

天手古舞「やぶれ餃子」(左)と「ネギ蒸し餃子」

「やぶれ餃子」(左)と「ネギ蒸し餃子」。ゆずこしょうを入れると味が一段と引き立つ

元力士の一押しメニュー、「やぶれ」と「ネギ蒸し」

旧開聞町出身で元幕内力士「星岩涛(ほしいわと)」の野口祐二さん(61)が角界引退後に福岡の専門店で修業し、15年前にオープンしました。

天手古舞 店内

昭和63年九州場所の番付表が貼られた店内。十両に、星岩涛の名が載る

天手古舞

力士時代の絵が描かれた看板が目印

8種類のギョーザがあり、蒸したギョーザに刻みネギとかつお節をかけた「ネギ蒸し餃子」(550円)と、鶏がらスープに一口サイズのギョーザが入った「やぶれ餃子」(550円)が人気です。

ライター鯱の酒場放浪記【天手古舞】編はこちらから。

天手古舞

  • 鹿児島市平之町9-41[MAP
  • TEL:099-226-0803
  • 営/18:00~3:00
  • P/なし
  • 休/無休

 

☀  ☀  ☀

居酒屋食堂 つちふまず

居酒屋食堂 つちふまず「かつお餃子」

「かつお餃子」。ご当地グルメとして、枕崎市内の飲食店の多くでメニューに並ぶ

名物のカツオを使ったご当地グルメ

12年前にオープンした店。夜メニューで人気のご当地グルメ「かつお餃子」(580円)は、豚肉の代わりのカツオと、オーナーの坊津の実家で育てた野菜が入ってヘルシーです。予約すれば昼も食べられます。

居酒屋食堂 つちふまず

枕崎中心部から少し離れた所に立つ店舗

居酒屋食堂 つちふまず「日替わり箱めし」

重箱に入ったランチ「日替わり箱めし」

一本釣りのカツオを船上で血抜き、急速冷凍した「ぶえん鰹のカルパッチョ」(680円)や、ランチの「日替わり箱めし」(980円)も好評です。

居酒屋食堂 つちふまず

  • 枕崎市栄中町18[MAP
  • TEL:0993-72-1858
  • 営/11:30~14:00、18:00~24:00
  • P/15台
  • 休/不定休

 

☀  ☀  ☀

中華料理 萬龍

中華料理 萬龍「焼きぎょうざ」

きつね色に焼き上がった「焼きぎょうざ」(2人前)

皮がもっちりで食べ応え抜群

東京と神奈川で35年間営業した後、15年前に現在地でオープン。

中華料理 萬龍

霧島神宮から近い

2代目の西村竜一さん(44)が父の味を受け継いで作る「焼きぎょうざ」(450円)は、もちもちとした食感の自家製皮に豚肉と野菜で作ったあんがぎっしり。

自家製麺を使ったしょうゆベースの「東京ラーメン」(500円)もお薦めです。

中華料理 萬龍

  • 宮崎県都城市吉之元町5218-1[MAP
  • TEL:0986-45-5110
  • 営/11:00~14:00、17:00~20:00
  • P/8台
  • 休/水曜

 

☀  ☀  ☀

この記事のシリーズ Series of this article

話題のスポット

このシリーズは【話題のスポット】として、南日本新聞 生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。衣食住などテーマを設け、人気のスポットを紹介します。旅・ドライブのご参考にどうぞ。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ