この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

ライフスタイル
フェリアフェリア

ライターikuのThank You For The Music | 男の中の男

シカゴブルースの父

音楽はやっぱり生がいい―そんな声に応えてくれる場所のひとつが、天文館にあるライブバーMOJOだ。三宅康太郎さんが14年前から構える。ライブを行うのはジャンルを問わない三宅さんの「胸を打った」アーティスト。最近では中山うりのライブを開催、50人ほど集まった。

店名に付けられた“MOJO”はブルースの歌詞によく登場し、元々は「お守り」の意を持つ。異性を引きつけるための「力」といったブルースを象徴する、男性的な言葉だ。

三宅さんが「圧倒的な存在感。セクシーで歌にすごみがある」と賞賛するのがマディ・ウォーターズ。エレキギターを使ったバンドスタイルの「シカゴブルースの父」と呼ばれる。ローリング・ストーンズやエリック・クラプトンも彼から影響を受けており、ストーンズの名は彼の曲に由来する。気だるく鳴るギターとブルースハープの上に乗った渋い声。ジャケットの汗で光る顔まで、まさに“MOJO”を感じる「男の中の男」だ。

サンキューフォーミュージック記事中M

この記事のシリーズ Series of this article

ライターikuのThank You For The Music

すてきなあの人は、どんな音楽を聴いているのだろう? 自身も音楽が大好きなライターikuが、すてきな人を支える音楽の話を聴きに行くシリーズです。いつも寄り添ってくれる音楽に「Thank You For The Music」!!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ