「歩く・見る・聞く」フィールドワークで地元愛育む

アイリッシュ教授のゼミ
知覧武家屋敷群を歩きながら活性化策を考えるゼミ生ら

地域活動で社会で求められる〝実践的スキル〟習得

鹿児島国際大学では、学生が大学の講義で学んだ知識をもとに地域社会に出て課題や可能性を探り、実際に市町村や企業と協働して地域活動を行うフィールドワークに力を入れています。

「歩く・見る・聞く」をテーマに掲げるジェフリー・アイリッシュ教授のゼミでは、2・4年生が知覧武家屋敷群一帯(南九州市)への若者の来訪者増加など活性化に取り組んでいます。8月10日には武家屋敷群内の公園でそうめん流し、10月20日にはコンサートを開く予定で、ゼミ生はその準備に追われています。

アイリッシュ教授のゼミ
「『歩く・見る・聞く』は、いろんな人の考えに接する必要のある社会人にとって大切な姿勢」と話すアイリッシュ教授

「フィールドワークで学生たちは人と出会い、地域の魅力や社会の仕組み、地域活性化の楽しさと難しさを知り、社会人として成長していく」とアイリッシュ教授。経営学科4年の上荒磯太一さん(21)は「以前は鹿児島に魅力を感じられない自分がいたが、フィールドワークを通して愛着が強まった。就職後も地域活動に関わりたい」と語ります。

キャンパス インフォメーション

鹿児島国際大学
学部 ( )は定員

経済学部(380)・福祉社会部(220)・国際文化部(155)

所在地

〒891-0197 鹿児島市坂之上8-34-1

学校のウェブサイトをみる

イベントカレンダー

企業説明会・オープンキャンパス等のイベント情報をご紹介

<< 2019年9月 >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6