トップアスリートをスポーツ科学の視点で支援

鹿屋体育大学の山本正嘉教授

心身の状態をデータで可視化し分析

スポーツトレーニング教育研究センター長 山本正嘉教授

ハイレベルなアスリートがさらに競技力を高めるには、心身の状態をデータで可視化し、客観的に分析。弱点補強に必要な仮説を立て、有効な練習法を探し出し、成果を導き出します。これをスポーツ科学といいます。

登山好きが縁で、登山家の三浦雄一郎さんらをサポートし、毎年本学で高所やさまざまな体力測定を行っています。目標を定め、自分を客観視し弱点を克服する—。これは競技者に限らず、すべての人に有効な人生のスキルでもあります。

鹿屋体育大学の山本正嘉教授
レベルアップを目指すアスリートを指導する山本教授。「心理状態や疲労感なども含めてデータ化し記録し続けると、傾向が分かり、対策が見つけられます」

キャンパス インフォメーション

鹿屋体育大学
学部

体育学部

所在地

〒891-2393 鹿屋市白水町1

学校のウェブサイトをみる

イベントカレンダー

企業説明会・オープンキャンパス等のイベント情報をご紹介

<< 2020年10月 >>
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1