株式会社 小園硝子商会

小園硝子商会・トラック

時代に順応し、未来に足跡を残す

創業当時は、ガラスのみを扱う業態であったが、時代の流れや技術の進歩により大きく様変わりしてきました。ガラスの卸売からガラスをはめ込むサッシや建築工事に必要なセメントを扱うようになりました。そしてガラスも単板の時代から、より住環境に適した各種ガラスへと需要が変化し、それに合わせて複層ガラスの製造を開始しました。

また、全国で空き家問題がクローズアップされる中で、業界として今後の高齢化等による戸建新築工事の減少などを見据え、ユニットバスやシステムキッチンなど水回り商品の拡販に注力しながらリフォーム工事に取り組み、時代に順応できております。

ガラスについても15年程前までは、公共施設や個人住宅では単板ガラスが主流であったものが、最近では用途によって違いますが、複層ガラスなどの高性能ガラスが主流となってきています。

鹿児島には身近に桜島という活発な火山があり大正大噴火のような大爆発が起こると言われています。その際に対岸の鹿児島市内には大量の飛来物が降り注ぐと予想され、その飛来物から身を守る為に、衝撃に強い強化ガラスやヒビが入るだけで破片が飛び散らない合わせガラスなどをはめ込んでいる建物が増えてきました。

そのガラスをはめ込む施工技術については、国家資格取得者が多く、個々の技術が高く評価されており、県内はもとより離島や県外の大型ビル工事にも大手ゼネコンから指名を受け数多くの現場に携わってきました。そして、今後も県内各所で行われる大型再開発プロジェクトにも積極的に携わって参ります。

ビルという建物は新築すると余程のことがない限りは何十年に渡ってその形を残していく物であり、その形を作り上げて行く工事に携わる事が出来たという事は、施工業者として「誇り」であり、現場担当者にとっては「やりがい」が心に残っていきます。

施工を担当する社員の中で20代の社員が増えてきていますが、彼らの話を聞いてみると「現場での作業はチームワークにも配慮し、また苦労する事も多いが、完成した時の達成感と自分のやって来た仕事が形としてずっと残っていくことに対してやりがいを大いに感じる」ということです。

今後も誇りとやりがいを求め、時代に順応しながら未来に足跡を残していきたいと希望している人材を求めています。

トップは語る

代表取締役社長 小園洋平

代表取締役社長 小園洋平

■会社を作るのは人

曽祖父が現在の鹿児島中央駅前で板ガラスの卸販売を始めて97年目を迎えました。
さて、現在の私共を取り巻く環境は、少子化や高齢化の進行により目紛しく変化しており、住宅産業に於きましても、ニーズが多様化し、常に先を読み、変化に柔軟に対応して行く事が求められております。例えば、住宅ガラスを取り上げますと、時代の移り変わりにより消費者ニーズは単板から複層へと変化し、弊社では鹿児島県で唯一の複層ガラスの製造販売を開始致しました。また、創業当時はガラスの卸売を主たる業としておりましたが、現在ではサッシ、ガラスの施工はもちろんのこと、新築やリフォームのユニットバスやシステムキッチンなどの水回り商品の販売施工まで行っております。
それから、会社を作るのは人です。頑張った人に還元できる賞与制度を導入し、社員一人一人がより一層頑張ろうという意欲を持てるような環境に変えました。そして、年1回は社員と直接対話をし、要望や意見を聞く機会を設けるようにしております。
仕事の時間は人生の大半を占めます。縁あって同じ会社に入った仲間です。将来振り返って「この会社に勤めてよかった」と思えるような会社にしていきたいと思います。

企業情報
企業名 株式会社 小園硝子商会
代表者名 代表取締役社長・小園洋平
従業員数 91 人
資本金 3,000万円
事業内容 総合建築資材卸・工事施工業
沿革 大正11年に小園平右衛門により創立され、鹿児島市武町にて板硝子販売を開業し、昭和に入り旭硝子(現AGC)の県下特約店として九州一円の板硝子卸販売ならびに板硝子工事を行うようになる。
昭和9年に合資会社小園硝子商会を設立し、順調に業績を伸ばして行く。その後三菱鉱業セメント㈱の特約店となりセメントの卸販売を始め、昭和38年にはアルミサッシのパイオニア、不二サッシ(株)の特約店となりサッシの卸販売ならびにサッシ工事を行うようになり、現在の業態の基礎が出来上がる。
昭和40年に本社を上荒田町に新築移転し、その8年後には現在の卸商業団地内に移転することになる。
昭和49年には当時のトーヨーサッシ(現LIXIL(株))の代理店となり、現体制の本格的な活動が始まり、県内で出水、霧島、鹿屋、県外にも沖縄、宮崎、福岡の各営業所を開設し、計7拠点で営業活動を行っている。
ガラスについては、現在、戸建住宅の標準仕様となっている複層ガラスの製造も平成16年から自社にて製造し、新築工事に限らずリフォームでも多くのお客様から好評を頂いている。
サッシ他住宅資材については、現在の売上構成を見てみるとガラスよりもサッシ他が7割を占める状況となっており、創業100年近くの年数の間に大きく営業内容も変わってきた。
2022年の創立100周年に向け、地道な努力を続け、お客様からより一層信頼を頂けるよう、全従業員一丸となって社業に励んで参ります。
営業地域 九州一円
本社 〒891-0123 鹿児島県鹿児島市卸本町5番地20 [ MAP ]
電話番号 099-260-2345
URL 企業ウェブサイトを見る
待遇
昇給 年1回
賞与 夏・冬
休日・休暇 日、祝日、土曜日(第2、第4休み)
盆休暇(8/13~8/15)、正月休暇(12/30~1/4)
有給休暇・シーズン休暇・誕生日休暇
保険 健康保険、雇用保険加入
福利厚生 厚生年金、退職金制度、育児・介護休暇制度
採用情報
勤務時間 実働7時間45分(休憩1時間45分)
採用実績 2017年 男性0名、女性2名
採用学部・学科 大学・高専・短大・高校など全学部全学科
採用後の職務内容 営業職・技術職
選考方法 筆記試験(一般常識・作文)、面接試験
定年 60歳(継続雇用65歳)

企業を探す

業種

エリア

採用状況

フリーワード

イベントカレンダー

企業説明会・オープンキャンパス等のイベント情報をご紹介

<< 2019年11月 >>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1