種子島の観光面の潜在能力発掘/ゼウスクリエイト

ゼウスクリエイト ゼウスビーチパーク
夏以降のオープンに向けて整備が進む「ゼウスビーチパーク」すぐ目の前が浅川海岸だ=西之表市現和

ゼウスクリエイト(西之表市)

種子島北東岸に位置する西之表市現和の県道沿いに開設したゲストハウス「ゼウスハウス」(10室)を核に、サーフィンガイドや教室、船体が透明なクリアカヤックを使った海遊び、満天の夜空を眺めながらのバーベキューなど、島の豊かな自然を堪能できる多様な体験メニューを提供する。

全国で太陽光発電や宅地開発を展開するゼウスプランニング(東京都渋谷区)の、企画・PR部門を担うグループ会社として2016年3月に設立された。

種子島進出は、山中政幸社長(53)が知人の紹介で訪れた島の自然や食など観光面の潜在能力にほれ込んだのがきっかけ。地域資源の発掘、発信力を強化するべく、18年12月には、本社機能も東京から移した。

プロサーファーでもある山口輝行マネジャー(37)は「サーファーは最もいい波があるポイントにいち早く案内する。安納芋収穫など島ならではの農漁業体験を積極的に勧めることも心掛けている」と話す。

そのかいあって、リピーターも増えてきた。西之表市街地から車で30分かかるものの、サーフポイントでもある浅川海岸が眼前に広がる静かなロケーションが外国人には特に人気という。

魅力追求のため、ゼウスハウス近くのより海に近い土地28,000平方メートルを購入。「ゼウスビーチパーク」と名付け、夏以降、米カリフォルニア製のトレーラーハウスやコンテナハウスなど8棟の設置を進める。

佐藤健郎企画事業部ディレクター(34)は「新型コロナ後の観光として、長期滞在しながら島を楽しむモデルを提案していきたい」と意気込む。

(南日本新聞2020年6月21日付掲載)
ゼウスクリエイト
資本金2000万円。売上高1億円(2020年6月期見込み)。社員7人。アルバイトなどの雇用促進や安納芋の輸出拡大などによる地域活性化にも取り組む。
住所:西之表市現和8734-31[MAP

このシリーズについて

かごしま会社探訪
きらりと光る鹿児島県内の中小企業を訪問し、あまり知られていない素顔を探ります。日曜日付南日本新聞の経済面に掲載しています。

イベントカレンダー

企業説明会・オープンキャンパス等のイベント情報をご紹介

<< 2020年8月 >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6